医者

眼瞼下垂の治療は名医に任せましょう~目元パッチリの魅力~

まぶたも軽くぱっちり目に

目

二重の手術で満足できなかったり、二重の手術の効果をより出したい場合には、目頭切開という方法があります。目頭切開は蒙古ひだという部分を切開するという施術法です。根本的に目を大きくすることができますが、ダウンタイムをしっかり考慮に入れておくことが大切です。

Read More...

唇の整形

注射

唇が薄いというコンプレックスを持っている人は、美容外科クリニックに行って、唇にヒアルロン酸注射を打ってもらうようにするとよいです。ヒアルロン酸はとても安全性が高い物質ですので、唇のようにデリケートな部分でも安心して注射してもらうことができます。

Read More...

目をパッチリさせるには

フェイス

沖縄には、低料金の二重整形手術を行っている美容外科クリニックがたくさんあります。仕事や学校を休まずにまぶたを二重にすることができるという理由で、最近では、埋没法による二重整形手術を受ける人が増えてきています。

Read More...

加齢で起こるまぶたの症状

先生

成人の場合は要注意

年齢を重ねると色々な老化現象が出てきますが、まぶたが垂れ下がってきて上げにくくなることがあります。このような症状を眼瞼下垂といいます。先天性のケースが多いのですが、加齢によってもよく起こる症状です。注意が必要なのは成人で起こる場合です。重症筋無力症の疑いがあります。疲労などで眼瞼下垂がしばしば起こるときには専門医の診察を受ける必要があります。また眼科の手術をしたり脳梗塞のあとにも起こりやすくなります。また長期間コンタクトレンズをしている人も要注意です。眼瞼下垂は原因によって治療法が違うのでなるべく早期の診察を受けるべきですが、その方面の名医として知られる医師の診察を受けた方が、より安心して治療を受けることができます。

おでこのシワに要注意

名医と出会うにはそれなりに探す工夫が必要です。名医かどうかの明確な基準はありませんが、その病院のホームページを見れば医師の経歴や実績が出ているのでそれを参考にできます。実績の多い医師なら名医だと思って診察を受ければいいのです。また患者によっても医師への評価は違いますから、あくまでも自分にとっての名医を探すことが大事です。眼瞼下垂かどうか判断するための工夫に、おでこのシワがあります。眼瞼下垂にかかると自然にまぶたを大きく開けようとするので、おでこにシワが増えてきます。シワを治療しようとして美容外科の診察を受け、初めて眼瞼下垂とわかるケースもあります。急におでこにシワが増えた人は、美容整形でカウンセリングを受けてみるのも工夫の1つです。